FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインのブログです。ごゆるりとどうぞ。

花火を見る前に是非読んでほしい!小説『ギンカムロ』を紹介する【美奈川護】

「花火には、二つしかない」

山頂から吹き降りてくる秋の風が、厳粛な空気の隙間を舐めるように吹いていた。

「一瞬で消えるか、永遠に残るか...その二つしかない」

(引用:ギンカムロ P7/美奈川護)

 

 どうもFGです。 

 冒頭部分が好きすぎて最初に持ってきてしまいました。

 

今回は花火をテーマにした小説、美奈川護さんの『ギンカムロ』の紹介です。

 

 f:id:furikake-gohan:20170715155941j:plain

 

感想はこちら!

 

 

そもそも『ギンカムロ』とは?

本書ですぐにでてくるのですが、説明させてもらいます。

 

『ギンカムロ』とは花火の玉名(ぎょくめい)で、漢字で書くと『銀冠』と書きます。簡単に説明すると、銀色の光が線を引きながら垂れ下がる花火です。

 

※玉名とは、花火玉の名前の総称。

 

この花火が物語の核になってくるわけですね。

 

あらすじ

花火工場「高峰煙火」の4代目として生まれた「昇一」は、幼い頃に花火工場で起きた爆発事故により両親を亡くしてしまう。その後2代目である祖父に育てられる。

 

しかし花火に対してトラウマを持ってしまった昇一は、高校卒業後に生まれ育った町を飛び出し上京して、一人暮らしを続けていた。

  

そんな昇一の元に、ある日突然、祖父から「戻れ」という連絡が入り4年ぶりに実家に帰ることになる。

 

久しぶりに帰って来た実家で昇一は、花火職人として修行中の風間絢という女性に出会い、物語が進行していく。

 

 12年前に不幸な出来事が重なった。それぞれが様々な思いを抱え、苦しみ、悩み、葛藤していく。それぞれの思いを託された花火が、今年も打ち上げられる。

 

 

 読み終えて

本書の見所としては、「花火師」という特殊なジャンルの仕事に焦点を当てている所だろう。打ち上げ花火を見たことがない、という人はいないだろう。

 

しかし、その華やかな舞台を支える職人たちの仕事を見たことがある人がどれだけいるだろう?

 

恥ずかしながら私は、花火職人たちの仕事を見たことはない。それどころか心に残るような花火を見たことがあるのに、その花火に魂を込めた職人の事を考えた事すらなかった。

 

この物語では、そんな素晴らしい職人たちの舞台を覗くことができる。 次から見る花火は今までとは、少し違った見え方をするのではないかと思う。

 

今の時期にピッタリのこの作品、是非読んでみてはいかがだろうか。

 

【ネタバレあり】小説「夜は短し歩けよ乙女」の感想を熱く語る【森見登美彦】

どうもFGです。

 

今回は「夜は短し歩けよ乙女」の感想などを語っていきます。内容には触れていくので、まだ読んだことない方はこちらをどうぞ。

 

 

きっかけ

本書を読み始めたきっかけは、友人からオススメでした。

「けっこう癖があるから、好き嫌いはわかれると思う。」

と一言釘を刺されたのですが、ドはまりしましたね。いい本を教えてもらいました。

 

その中毒性のある文体に惹かれに惹かれ森見登美彦さんの小説を読み漁っている最中です。

感想

読み始めるとまずこう思いました。

「なんだこの独特の文体とオモチロイ登場人物たちは!!」と。

癖が強い

むしろ癖しかない

 

読者諸賢におかれては、彼女の可愛さと私の間抜けぶりを二つながら熟読玩味し、杏仁豆腐の味にも似た人生の妙味を、心ゆくまで味わわれるがよかしかろう。

願わくば彼女に声援を。

(引用:夜は短し歩けよ乙女 P7/森見登美彦)

 

最初のページからこの調子の良さ、「杏仁豆腐の味にも似た」なんて表現どうやったら思い付くんでしょうか...この柔軟な発想が羨ましい。

 

黒髪の乙女ももちろん可愛いし好きなのですが、個人的には先輩も大好きなんですよね(突然の告白)

 

先輩が次々と生み出す名言のような迷言が、たまらなく心に残りました。

 いくつかピックアップすると

彼女が後輩として入部してきて以来、すすんで彼女の後塵を拝し、その後ろ姿を見つめに見つめて数ヶ月、もはや私は彼女の後ろ姿に関する世界的権威と言われる男だ。

(引用:夜は短し歩けよ乙女 P81/森見登美彦)

 

「彼女の後ろ姿に関する世界的権威」何というパワーワードであろうか。

 

 

諸君、異論はあるか。あればことごとく却下だ。

(引用:夜は短し歩けよ乙女 P124/森見登美彦)

先輩の全力の暴走具合がうかがえる。

なんとか日常生活で使ってみたいが、なかなか機会に恵まれない。

 

 

「恥を知れ!しかるのち死ね!」

(引用:夜は短し歩けよ乙女 P147/森見登美彦)

古本市でのラストシーン場面ですね。

たった一言なのに、この破壊力。一番印象に残っていると言っても過言ではないのです。

ごめんなさい。過言でした。

 

 

 先輩の不器用なほど大迂回した恋愛作戦はパッと見間抜けですが、その一歩を踏み出せない様子はなんだか共感でき、ついつい応援してしまいました。

 

あーあ、私も学生時代にこんな甘酸っぱい馬鹿みたいな恋愛してみたかったです。

カムバックマイ青春!!!

 

 

 

さて、京都を舞台としたこの作品、実際にある地名や駅がバンバンでてくるんですよね。四条河原やら出町柳駅やら銀閣寺やら下鴨神社やら...

 

私は先月に京都に旅行へ行ってきたばっかりだったので、「黒髪の乙女は今、あの駅を歩いているのか...」と先月の記憶と重ね合わせながら読むことができ、なおさら楽しめました。

 

 あと、文庫本あとがき部分に「かいせつにかえて」という題目で、「3月のライオン」の作者である『羽海野チカ』さんが、イラストで本書のコトバとシーンが描かれています。

 

羽海野チカさんの描く『黒髪の乙女』が自分の思い描いていた人物像とピッタリ当てはまっているんです。可愛い!!

3月のライオンは読んだことないけど!!!

 

 

最後に疑問なのですが、何故主人公である二人はあえて名前が伏せられているのでしょうか?他の登場人物は普通に名前がでてくるのに...

 知ってる方がいらっしゃったら是非教えてほしいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。なむなむ。

 

摩訶不思議な森見登美彦ワールド「夜は短し歩けよ乙女」を紹介する

どうもFGです。

今回は森見登美彦さんの夜は短し歩けよ乙女のご紹介です。

f:id:furikake-gohan:20170710224707j:image
今年の春に映画化された作品ですね!

 

京都を舞台に、先輩である男子学生と純粋無垢の後輩女子学生の恋物語を、二人からの視点で描かれています。

 

感想はこちら

 

 

 

あらすじ

 第一章   夜は短し歩けよ乙女

  黒髪の乙女(主人公の女子学生)はお酒を求めて、そして先輩の男子学生は黒髪の乙女を求めて夜の京都を巡る。

 

黒髪の乙女は、類は友を呼ぶのか行く先々で個性豊かすぎる登場人物達に出会う。春画をばらまく男、天狗、大酒飲みの女性、奇妙な躍りをする詭弁論部の人達などなど...そんな不思議な彼等に身を任せ、夜の京都を飛び歩く。

 

一方先輩は黒髪の乙女を探し歩くのだが、ズボンとパンツを剥ぎ取られ、見知らぬオヤジのやけ酒に付き合わされたりと、ことごとくトラブルに巻き込まれ、肝心の黒髪の乙女とはなかなか巡り会えない。

 

そんな二人が描く一夜限りの物語 

 果たして二人の結末は!?

 

 

第二章   深海魚たち

真夏のある日、京都にある下鴨神社にて古本市「下鴨納涼古本まつり」が開催される。そこに黒髪の乙女が行くと知った先輩は、黒髪の乙女に会うために古本市にくり出す。

 

黒髪の乙女は目当ての本を目指して古本の海へと身を投じる。

 

先輩は黒髪の乙女が求める本が何なのかを知り、その本を手にいれるために「熱く暑い」戦いに挑む。

 

そして古本市には、悪しき収集家から古書を解放する古本市の神という存在が...!?

 

 

第三章   御都合主義者かく語りき

 季節は晩秋。例のごとく黒髪の乙女が学園祭に行くと知った先輩は、彼女に会うために学園祭へと足を運ぶ。

 

 緋鯉を背負い、ダルマの首飾りを身につけた黒髪の乙女は学園祭を満喫していた。そんな彼女の元に突如、ゲリラ演劇「偏屈王」への出演の依頼がやってきて、彼女はそれを承諾する。

 

黒髪の乙女が「偏屈王」に出演していると知った先輩。学園祭の治安を守るため、ゲリラ演劇を阻止すべく活動する学園祭事務局長と共に「偏屈王」を追い求める。

 

 ゲリラ演劇「偏屈王」の真の目的とは...!?

 

 

第四章  魔風邪恋風

 師走も中旬に差し掛かった頃、京都の街にて、たちの悪い風邪が流行り始める。

その風邪の勢いを衰えることを知らず、大学は学級閉鎖状態、京都の街からも人が消え始める始末。

 

風邪の神様に嫌われた黒髪の乙女は友人たちのお見舞いをして回る。

 

先輩も風邪の魔の手にかかり、一人寂しく苦しみに耐える日々。

 

そしてお見舞いを続けた黒髪の乙女が最後にたどり着いたのは...!?

 

 

読み終えて

夜は短し歩けよ乙女は、私が今まで読んだ本の中で、一番ユーモア溢れる作品だったと思います!(普段読む作品がミステリーやファンタジーが多いというのもありますが)

 

読んでいて、楽しい気分になれることは間違いないです。

 

この作品が醸し出す独特の世界観は読んでいて、とても癖になります。中毒になると言ってもいいかもしれません。

 

独特の文体、言い回し、表現方法、読み進めていてまったく飽きません。次はどんな名言(迷言)が飛び出してくるのかな?とワクワクしながら読んでいました。

 

また話が膨らみすぎてると思いきや、見事に収束して、ひとまとまりになる様子もたまらなく好きです。スッキリします。

 

夜は短し歩けよ乙女」が著者の初めて読んだ作品でしたが、是非とも他の作品も読んでみたいと思っています。

抹茶好き必見!『エランズカフェ』の新メニュー『抹茶わらび餅』を食べてきた【埼玉県鶴ヶ島市】

どうもFGです。 

『エランズカフェ』で新メニューが出たので行って来ました。

 

【抹茶わらび餅】 
f:id:furikake-gohan:20170707061813j:image

 

 去年も提供されていた『抹茶わらび餅』が帰ってきました。一口食べるといっきに口の中に抹茶の風味が広がります。この風味がとっても強い印象をうけました!

 

そしてアクセントに黒豆が入っています。これが昨年とは違う点ですね。この黒豆がさらに抹茶の良さを引き出してくれていると思いました。抹茶の甘さ、苦み、香りが凝縮された大人の味です。

 

 

関連記事

 

「ただいま」と帰って来たくなるお店『Lane cafe』のご紹介

どうも、FGです。

 

今回は埼玉県川越市にある『Lane  cafe』のご紹介。

【入口】
f:id:furikake-gohan:20170705214852j:image

前回に紹介した氷川神社から徒歩約5分と近いので、休憩にもご飯にもピッタリです。

 

 

川越の蔵造りから少し離れた場所にひっそりと構える『Lane  cafe』さん

【外観】
f:id:furikake-gohan:20170705221200j:image

民家に並んでるのと、入口もあんまり派手ではないので、初めて来店する方は少し分かりづらいかもしれません。

 

 【店内1】
f:id:furikake-gohan:20170705230604j:image 

席は、4人席が一つ、2人席が二つ、1人席が二つだったと思います。

あたたかな光を帯びた照明の光がなんとも心地よい。

 

【店内2】
f:id:furikake-gohan:20170705222028j:image

 黒板には「パンのプレート」と「ごはんのプレート」のメニューが載っています。内容は時期によって異なるとのことなので、是非チェックしてみてください。

 

またお料理には自家栽培の無農薬野菜や川越産の野菜が使われています。

 

【コーヒーとスイーツ】

f:id:furikake-gohan:20170705222107j:image

 

今回は「ココアマフィン」と「アイスコーヒー」をいただきました。ココアマフィンの上には有機栽培のヒマワリの種がのっていて、噛むと、ほのかな甘さが口に広がります。

 

お料理の他、スイーツにも菜種油、豆乳、メープルシロップなどの無添加食材を使っているとのこと。

 

そのおかげか、ココアマフィンもとっても優しい味でした。

最近ではコンビニなどのスイーツもクオリティがとても高くて驚きますが、それとはまったく別の美味しさでした。

 

本当に優しい味...何て言ったらいいんでしょう...作った人の思いやりや、気づかいが感じられる。そんな暖かさ感じる美味しさでした。

 

 

今回は私一人での来店でしたが、一人でも友達と一緒でも、ゆったりリラックスできるお店だなと思いました。 

 

 

ご案内

 

 

【住所】埼玉県川越市神明町1-15

【電話】049-226-1128

【営業】月・火・金/11:00〜16:00(L.O 15:00)

    土・日/11:00〜19:00(L.O18:00)

【休日】水・木

【HP】http://lenecafe.exblog.jp/

 

2ヵ月の期間限定!風鈴2000個が奏でる圧倒的″涼″埼玉県川越市の『氷川神社』

どうもFGです。

 

小江戸で有名な埼玉県川越ですが、そんな小江戸の蔵造りから少し離れた氷川神社に行って来ました。

 

縁結びの神様として人気の高い『氷川神社』夏の間の、7月1日~9月10日には江戸風鈴約2000個が飾られ、見事な風鈴回廊が姿を現します。

 

大鳥居

境内入口には朱色の大鳥居が堂々とたっています。


f:id:furikake-gohan:20170702230504j:image

【大鳥居】

でかい!とにかくでかい!

その高さなんと約15メートル!!

木製の鳥居としては日本1の大きさだそうな。

15メートルというと、ビルに例えると5階か6階ほどの高さになります。

 

 

風鈴回廊

もう一方の境内入口から入ると、たくさんの風鈴が出迎えてくれます。


f:id:furikake-gohan:20170702232404j:image
f:id:furikake-gohan:20170702232516j:image

 【境内入口】

 

風が吹くと風鈴の様々な音色を楽しむことができます。複数の風鈴の音を一度に聞くって、めったにないですよね?これが想像以上に迫力がありました!

 

また太陽の光が反射して、見た目もキラキラ光って飽きさせません。

 



f:id:furikake-gohan:20170702233453j:image

f:id:furikake-gohan:20170702233545j:image

【境内奥】

 風鈴には短冊が掛かっていますが、自分の願いを書いて、風鈴に掛けることができます。

 

昔の日本人は、風が人の想いを運んでくれる、と信じていました。境内の風鈴が鳴ったら、風が想いを運んでくれた合図かもしれません。

 (http://www.kawagoehikawa.jp/  より)

 

私が足を運んだのがお昼過ぎだったのですが、その時点でたくさんの観光客の方がいました。そして目につくカップルの多さ...

 

6~7割の方はカップルだったと思います。

私は...はい、ちゃんと良縁と巡り会えるようにお参りさせていただきました。

 

また夜はライトアップがされ、昼間とは違う幻想的な風景を眺めることができます。一言でいうとロマンチックです。 

 

縁結びの神様と言われる由縁も少しわかる気がします。あの幻想的な眺めを意中の人と見れたなら、それは縁も結ばれるわ!!って感じました。

 

まだまだ公開は続くので、この夏は是非川越に来たなら寄ってみる価値ありですよ!

 

氷川神社ご案内

住所: 埼玉県川越市宮下町2-11-3

拝観:境内自由

アクセス:【バス】川越駅より東武バス神明町車庫行、喜多町下車、徒歩5分
【車】関越自動車道「川越I.C.」から約20分

駐車場:あり

東京湾唯一の無人島『猿島』に行って来た。

どうもFGです。

 

先日、東京湾唯一の無人猿島に行って来ました!


f:id:furikake-gohan:20170702180616j:image

 

京急線横須賀中央駅から徒歩約15分

そして三笠桟橋から船で10分ほどで無人島『猿島』へ到着です。


f:id:furikake-gohan:20170702180946j:image

 
f:id:furikake-gohan:20170702181211j:image

こんな簡単に無人島ってこれるものなんですね!無人島ってロマンですよね。鉄腕DASHのDASH島とか毎回欠かさず見てます。

 

何ができる?

無人島『猿島』ですが、海水浴、バーベキュー、釣り、散策など様々なレジャーを楽しむことができます。

 

また無人島といっても整備は行き届いているので、まったくの大自然という訳ではありませんよ!

 

今回は友人とバーベキューを楽しんできました。


f:id:furikake-gohan:20170702182557j:image

ごっちゃごちゃすぎてセンスの欠片も感じません(笑)

しかし浜辺でバーベキューってだけで、3割増で美味しく楽しめます。


f:id:furikake-gohan:20170702183829j:image

 

さるしま要塞物語


夏には多くの海水浴客で賑わう猿島ですが、島の中にはもう一つの顔が隠れています。


猿島東京湾ののど元に位置するため、海の守りの要として、幕末・明治初期・昭和と3度に渡り砲台が築かれました。


黒船がたびたび姿を見せはじめた幕末の頃、江戸幕府は海上防備のため、全国初のお台場と呼ばれる砲台を、猿島に3ヶ所建設し、黒船に対する守りを固めました。


以来、猿島は「要塞の島」としての歴史を歩み始めました。

(https://www.cocoyoko.net/spot/sarushima.html  より)

 

うっそうと繁る森の中には、レンガで造られた要塞が、今なお残されています。


f:id:furikake-gohan:20170702185214j:image

要塞跡

 


f:id:furikake-gohan:20170702185243j:image

レンガのトンネル

 

 

映画『天空の城ラピュタ』を連想させるとして人気を集めているらしいですが、個人的には『千と千尋の神隠し』の祠に似てると思うのですがどうでしょう?

 

海水浴やバーベキューができる反面、島の内部に進めば歴史を感じることもできるという一石二鳥。

 


f:id:furikake-gohan:20170702212552j:image

今年の夏は街の喧騒を遠くに眺めながら、ゆったりと『猿島』で過ごしてみるのはどうでしょうか。