FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインのブログです。ごゆるりとどうぞ。

【28作品】2018年下期に読んだ小説を5段階で評価する&ベスト3紹介【一言感想】

今回は私が2018年下期(7〜12月)に読んだ小説28作品を5段階評価で好き勝手に感想を書いていきます。(まだ12月はじまったばかりだけど) これから読む本はその都度追記予定。また再読の本も含んでいます。 そして、後半は下期に読んだ小説の面白かった作品ベ…

かつて愛した人は殺人犯なのか?──『木漏れ日に泳ぐ魚』あらすじ・紹介【恩田陸】

かつて愛した人は殺人犯なのか? 最後の夜に繰り広げられる心理戦 深まる疑惑、明かされる真実、濃密な心理戦 物語は予想外の結末を迎える── 恩田陸の『木漏れ日に泳ぐ魚』が不意打ちのように心に刺さったのであらすじ・紹介をしていく。感想はコチラ。『木…

『木漏れ日に泳ぐ魚』の感想を好き勝手に語る【恩田陸】

たぶんこれは、一枚の写真についての物語なのだろう。 むろん、ある男の死を巡る謎についての物語でもあるし、山の話でもあるはずだ。そして、一組の男女の別離の話という側面も持っている。 (引用:木漏れ日に泳ぐ魚 P7/恩田陸) 恩田陸の作品は、今回読ん…

2分でわかる『ダイイング・アイ』のあらすじ・紹介【東野圭吾】

真夜中に起きた一つの交通事故が悲劇の連鎖を生む『ダイイング・アイ』のあらすじ・紹介をしていく。 感想はコチラ 『ダイイング・アイ』感想 目次 あらすじ すべての始まりは真夜中の交通事故 主人公の前に現れる謎の女 狂気の人形職人 鍵は事故の真実と謎…

『ダイイング・アイ』の感想を好き勝手に語る【東野圭吾】

「運命ね。君と僕とは運命の糸で結ばれているというわけだ」 「そうよ。そしてこの糸は」彼女は再び慎介の指に自分の指をからめてきた。「決してほどけたり切れたりしないの」 (引用:ダイイング・アイ P238-239/東野圭吾) 2019年の3月にWOWOWでドラマが放…

報われることない恋のはずだったのに──『パラレルワールド・ラブストーリー』あらすじ・紹介【東野圭吾】

併走する二つの電車 どれだけ近づいても 双方の空間に交流はない こちらはこちら、むこうはむこうある日、主人公は ″むこう″側の女性に一目惚れしたが彼女は親友の恋人 親友の恋人の、はずだったのに── さて、今回は2019年に映画公開が決まった『パラレルワ…

『SANOVA』の音楽は心躍るから皆に聴いてほしい

今、インストジャズバンド『SANOVA』が熱い 『インスト』と聞いてもあまり馴染みがない方も多いと思います。インストとは『インストゥルメンタル(Instrumental)』の略で、歌のない楽曲・演奏を指し示す音楽用語です。 今回、私がオススメするのがインストの…

『ガニメデの優しい巨人』の感想を好き勝手に語る【ジェイムズ・P・ホーガン】

SF

『星を継ぐもの』に次ぐシリーズ第二弾 『ガニメデの優しい巨人』の感想を語っていくネタバレありで語っていくので未読の方はご注意を。 またシリーズ第一弾の『星を継ぐもの』を読んでいないと、訳がわからないと思うので読んだことがない方はコチラからど…

『星を継ぐもの』の感想を好き勝手に語る【ジェイムズ・P・ホーガン】

SF

宇宙は人類にとってのロマンだ。宇宙人の存在については賛否が分かれるものだろう。私にとっては表面上ではあり得ないと考えつつも、心のどこかでは「もしかしたら...」と思わせる存在。 そんな夢とロマンを与えてくれる、心からわくわくさせてくれたのが『…

月面探査で見つかったのは5万年前の死体──『星を継ぐもの』【ジェイムズ・P・ホーガン】

SF

これまで誰一人真実に思い至る者がなかったとしても不思議はない。自明の理を、それも人類の歴史以前からの真実を、誰が疑おうとするだろうか? (引用:星を継ぐもの P259-260/ジェイムズ・P・ホーガン) 名作は色褪せない。1977年に発売した『星を継ぐもの…

『人魚の眠る家』の映画パンフレットをGETしてきた。

娘を殺したのは、私でしょうか。 先日『コーヒーが冷めないうちに』の映画を観てきた。その時に私が気になっている11月に公開予定の作品『人魚の眠る家』の無料映画パンフレットをGETしたので紹介していく。 有村架純さんが最高に可愛かった『コーヒーが冷め…

【映画】『コーヒーが冷めないうちに』の感想を好き勝手に語る【川口俊和】

あの日に戻れたら、 あなたは誰に会いに行きますか? (出典:http://coffee-movie.jp/sp/index.html) 2018年9月21日にで公開された映画『コーヒーが冷めないうちに』を見てきたので感想を語っていく。ネタバレありで語っていくのでご注意を。 きっかけ 『コ…

『沈黙のパレード』の感想を好き勝手に語る【東野圭吾】

「湯川先生には何か確信があるんですか。そこまで強く断言できる理由を教えていただけますか」 「その理由は──」湯川は人差し指を立てた。「もし僕が新たに立てた仮設があたっているのなら、今のままではパズルを成立させるピースが一つ足りないからだ。その…

ガリレオシリーズ最新作『沈黙のパレード』のあらすじ・紹介【東野圭吾】

あらゆるものが沈黙を徹した。それは私欲のため、友情のため、そして──愛情のため。 2018年10月11日に待ちに待ったガリレオシリーズ最新長編『沈黙のパレード』が発売された。 そこで今回は『沈黙のパレード』のあらすじや見所を紹介していく。また『沈黙の…

『図書館の魔女』「高い塔」の考察を好き勝手に語る【高田大介】

『図書館の魔女』のタイトルになっている『図書館』つまり「高い塔」──。 「高い塔」は人の意思をくみとることができるまた自らの意思を持っているという結論に達したので、そう考えるようになったきっかけを語っていく。 目次 「高い塔」についての考察 1.…

『向日葵の咲かない夏』の感想を好き勝手に語る。爽やかな皮を被ったえげつない物語。【道尾秀介】

油蝉の声を耳にして、すぐに蝉の姿を思い浮かべる人は、あまりいないだろう。雨音を聞いて、雨音のそれぞれが地面に接している瞬間を想像する人がいないように。 (引用:向日葵の咲かない夏 P5/道尾秀介) 『向日葵の咲かない夏』の感想を語っていく。ネタバ…

『容疑者Xの献身』の感想を好き勝手に語る【東野圭吾】

ガリレオシリーズ長編第一作目の『容疑者Xの献身』の感想を語っていく。 ネタバレありなので、未読の方はコチラをどうぞ。 『容疑者Xの献身』あらすじ・紹介 長編ガリレオシリーズ あらすじ・紹介 目次 感想 表紙 ラスト 感想 湯川が石神の家を訪れたときに…

天才VS天才 立ちはだかるのはかつての友『容疑者Xの献身』のあらすじ・紹介【東野圭吾】

長編”ガリレオ”シリーズ第一作目の『容疑者Xの献身』を紹介していく。 ”ガリレオ”シリーズの説明や他作品の紹介はコチラをどうぞ。 長編”ガリレオ”シリーズの紹介 感想はコチラ 『容疑者Xの献身』感想 目次 あらすじ 登場人物とあらすじ補足 花岡親子 天才数…

『黒猫の三角』の感想を好き勝手に語る【森博嗣】

「遊びで人を殺している、とおっしゃるのですか?」 「遊びで殺すのが一番健全だぞ」 (引用:黒猫の三角 P47/森博嗣) 今回は森博嗣の『黒猫の三角』の感想を語っていく。ネタバレNGの方は読まない事をおすすめする。 目次 感想 印象に残ったセリフ・名言 ス…

【東野圭吾】長編ガリレオにハズレなし!!最新作『沈黙のパレード』含む4作品のあらすじ・見所をまとめて紹介する

ガリレオシリーズ待望の新作長編『沈黙のパレード』が10月11日に発売となった。そこで今回は、その『沈黙のパレード』含む長編ガリレオシリーズ4作と、あとはガリレオシリーズを知らない方へ簡単にシリーズについて紹介をしていく。目次 ガリレオシリーズと…

読書初心者にもオススメ!有川浩の自衛隊三部作、『塩の街・空の中・海の底』+αのあらすじ・見所をまとめて紹介する。

シンプルな表紙に、シンプルなタイトル だからこそ美しい。この様に3冊が並んでいたら思わずに手にとってしまいたくなる。 今回は有川浩の代表作品『塩の街』・『空の中』・『海の底』を紹介する。 最近ではドラマや映画など映像化された作品も段々も増えて…

植物が地球を支配した世界『地球の長い午後』のあらすじ・感想を好き勝手に語る【ブライアン・W・オールディス】

SF

目次 1.あらすじ 2.植物が世界を支配する地球の未来の姿 3.天下をとった植物たち 4.仲間から追放された少年 5.最後に 1.あらすじ 大地を覆いつくす巨木の世界は、永遠に太陽を片面に向けてめぐる植物の王国と化した地球の姿をだった! わがもの顔に跳梁する…

『マスカレード・イブ』は前作『マスカレード・ホテル』に繋がる完璧な前日譚だった【東野圭吾】

”マスカレード”シリーズの第2作目『マスカレード・イブ』は一話完結の物語が四話分収録されている短編集である。 物語の時系列でいうと『マスカレード・ホテル』より過去の物語が『マスカレード・イブ』だが、先に読むのは『マスカレード・ホテル』のほうが…

『マスカレード・イブ』の感想を好き勝手に語る【東野圭吾】

お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務 『マスカレード・ホテル』に続くシリーズ第2作目、『マスカレード・イブ』の感想を語っていく。 ネタバレにも軽く触れているので未読の方はコチラをどうぞ。 目次 感想:前作『マ…

東野圭吾おすすめの新シリーズ!『マスカレード』シリーズのあらすじ・内容を全3作品まとめて紹介する

人は様々な仮面をかぶっている。”マスカレード”シリーズは、お客様の仮面を守るホテルウーマンと犯人の仮面を暴く刑事がおくる物語。 目次 ”マスカレード”シリーズとは? 特徴・見所 『マスカレード・ホテル』 あらすじ 名コンビ誕生 『マスカレード・イブ』…

『有限と微小のパン』の感想を好き勝手に語る【森博嗣】

「その言葉こそ、人類の墓標に刻まれるべき一言です。神様、よくわかりませんでした……ってね」 (引用:有限と微小のパン P827/森博嗣) 「そうだ、私はこんなミステリーを求めていたんだ」 これまで積み上げたモノすべてが一瞬でひっくり返され、想像もして…

『分身』の感想を好き勝手に語る【東野圭吾】

私が母と呼んだ女性は、単なる分身製造装置に過ぎなかった。 (引用:分身 P356/東野圭吾) 東野圭吾の『分身』の感想を語っていく。ネタバレありで語っていくので、未読の方はご注意下さい。 感想 ストーリー全体 クローンについて 刺さった言葉 ラスト 1.スト…

『自家焙煎cafe KOMIBOU』に行ってきた【埼玉県上尾市】

自家焙煎のこだわりコーヒーが飲めるお店、埼玉県上尾市にあるカフェ『KOMIBOU』へ行ってたので紹介する。 JR高崎線の線路沿いに店を構える『KOMIBOU』は、上尾駅と北上尾駅のほぼ中間に位置しており、どちらの駅からも徒歩7分ほどで訪れてることができる。 …

『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』のあらすじ・紹介【岡崎 琢磨】

良いコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、そして恋のように甘い。 (シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール [フランス、1754─1838]) 私がカフェ好きというのもあって、コーヒーやカフェに纏わる小説を探していた…

『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』の感想を好き勝手に語る【岡崎 琢磨】

「その謎、たいへんよく挽けました」 バリスタ・切間 美星の淹れる珈琲に惚れた青年・青山の物語『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』が想像の3倍くらい面白かったので感想を語っていく。 ネタバレありで語っていくので未読の…