FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインのブログです。ごゆるりとどうぞ。

【ネタバレあり】マスカレードホテルの感想を熱く語る【東野圭吾】

 

どうも、FGです。

 

今回は東野圭吾の「マスカレードホテル」

の感想を語っていきます。

 

がっつり内容に触れていくのでネタバレNGの方は前回の記事で作品の紹介をしているのでそちらをご覧下さい。

 

 

きっかけ

完璧に化けろ。決して見破られるな。

(引用:マスカレード・ホテル 表紙帯/東野圭吾)

 

本屋をぶらぶらしていたらこの言葉が目に入り、気づいたら本書を手に取っていました。

 

衝動買いで好みの本と出会えると得をした気分になります。

 

感想

本書の一番の見所はやはり新田浩介と山岸尚美のコンビですね。

優秀だがプライドの高い刑事の新田

ホテルマンとして優秀な能力を持つ山岸

価値観のまったく違う二人は最悪の印象で物語は始まります。

 

しかしお互いの仕事を通して警察という仕事、ホテルマンという仕事、また二人の人間性の理解を深めていく。

新田のホテルマンとしての成長も読んでいて面白いものがあります。ホテルの事を誉められて始めは「悪い気はしない。」程度だったのに後半は「誇らしい。」というふうに変化していてホテルマンとしてのやりがいも感じているように思われます。

こうなったのも新田の能力の高さもありますが、山岸の指導あってのものではないでしょうか。

 

 

好きな場面、印象に残った場面をあげていくときりがないのですが、次の場面が本書の核心部分をついた外せないではないでしょう。

 

「でも改めて思いますが、ホテルというところは本当にいろいろな人間が来るものですね。誰もが腹に一物あるように感じられます」

彼の言葉に尚美は頬を緩めた。

「昔、先輩からこんなふうに教わりました。ホテルに来る人々は、お客様という仮面を被っている、そのことを絶対に忘れてはならない、と」

「ははあ、仮面ですか」

「ホテルマンはお客様の素顔を想像しつつも、その仮面を尊重しなければなりません。決して、剥がそうと思ってはなりません。ある意味お客様は、仮面舞踏会を楽しむためにホテルに来ておられるのですから」

 

(引用:マスカレード・ホテル P409-410/東野圭吾)

 

マスカレード=仮面舞踏会  なので

ここで初めてタイトルに触れられます。

 

 

 

犯人視点で見ると、狂気染みた執念を感じます。

連続殺人を装い、警察がホテルに目をつけるのも想定し結婚式に目を向かせる。

私が一番怖いと思ったのが犯人は片桐瑶子(老婦人に変装した犯人)として一度、山岸と接触していることです。

抱え込んだ恨みをすべて隠しこんで!!

殺そうと思っている人を目の前にしてあんなに冷静になっていられるものなのでしょうか?

彼女こそが本書のなかで一番、仮面舞踏会を楽しんでいた人物なのだと思います。

 

 

ラスト

新田が山岸を救うシーンは何度みてもニヤニヤしてしまいます。

少しキザな新田、だがそれがいい!!

 

 

「マスカレード・ホテル」はラストシーンでしっかりこの二人の物語がまとめられていると思います。

あと個人的に最後の一行がめっちゃ好きです。

 

ちなみにこの小説の舞台「コルテシア東京」のモデルは「ロイヤルパークホテル」だとか。

是非とも一度泊まってみたいものです。

 

続編の紹介

【『マスカレード・ナイト』を紹介する】

【『マスカレード・ナイト』の感想を語る】

 

この記事を読んだ方へのオススメ