FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインのブログです。ごゆるりとどうぞ。

【東野圭吾】『マスカレード・ナイト』の感想を好き勝手に語る【ネタバレあり】


今回は、「マスカレード」シリーズの第三作目である『マスカレード・ナイト』の感想を語っていく。ネタバレありなので、未読の方はこちらをどうぞ。


感想

最後まで目が離せない展開と新田の活躍に大満足でした。

新田と山岸

『マスカレード・ホテル』からは数年後の物語ということで、新田と山岸の二人は進展があったのかなぁと思いきや、そんなことはなかったですね。


山岸に至っては久しぶりに再会して、最初は新田の名前が出てこない始末。まぁその辺の事は、また次回に期待ということで。


二人の何気ない会話から山岸は仕事のヒントを得たり、新田は事件の真相に近づいたり、相変わらずこの二人は息の合ったコンビだなぁと思いました。

ホテルという特殊な場所

これは第一作『マスカレード・ホテル』にもいえることなのですが、ホテルという特殊な場所、特殊な仕事の裏側を見ることができてそれだけでも面白い。


今回はコンシェルジュになった山岸の活躍が光ってました。絶対に「無理」という言葉を使わずに、いかにしてお客様の要望に答えるのか?


個人的にはプロポーズの場面が一番印象に残っています。


「相手に恥をかかせず、気まずくなることもなく、プロポーズにノーと答える方法」を考えてくれって...


いや、無理やん
ってなります、私なら確実に。
考える前に言葉に出てしまうでしょう


だがしかしそんな困難を覆す山岸の手腕は流石の一言でした。


一流といえば氏原の対応、観察力なども一流のそれ。


新田と初対面のときは憎たらしいキャラだなぁと思ってましたが、新田が至らない点があるのは事実だったし経験と実績に裏付けられた一流の仕事でした。実は氏原が犯人なのでは!?と疑っていた自分が恥ずかしい。


時計

腕時計が今回の物語では重要な役割をしてました。

二人が愛用している物はそれぞれ、新田はオメガで山岸は形見の時計。二人の性格をうまく反映していると感じた。


「ここ数十年で、時計は飛躍的に正確に時を刻むようになりました。少々の安物でも一日に一秒も狂いません。でもその結果、約束の時間に遅れる人が増えた、という説があるのを御存じですか」
「いや、知らないな。そうなんですか」
「下手に正確な時間がわかるものだから、ぎりぎりまで時間を自分のために使おうとしてしまうんです。結果、遅刻をする。そういう人には、あまり信用の置けない時計を持たせるといいそうです。遅れているかもしれないと思うから、常に余裕を持って行動しなければなりません。」


(引用:マスカレード・ナイト P223/東野圭吾)

うむ、なかなか興味深い。この説にはとても納得する。



犯人と結末

犯人は完全に予想外でした。『夫と来てるふりをしていた』という秘密を明らかにして、パーティ前にホテルから去っていたので、考えから外れていました。


まんまと犯人の術中にはまってしまいました。(今思えば『マスカレード・ホテル』でもそんな感じだった)


″女″という仮面をはずし、誰にも気づかれないであろう素顔にまたコスプレで仮面を被って...


今回の犯人、やり手すぎますね。ミイラ男たちを使って警察の注意をそらしたり、偽名や偽の住所を使ってわざと怪しい人物をしたてあげたり...数えきれません。


警察は完全に後手にまわってたし、山岸の時計が狂ってなかったら死んでしまっていたわけだし...


新田の活躍は素晴らしかったけど、″運が良かった″という印象が強かった。



さいごに

山岸がロサンゼルスに行ってしまうということで、次回作の舞台はロサンゼルスになるんですかね?

『マスカレード・ホテル』が2011年
『マスカレード・イブ』が2014年
『マスカレード・ナイト』が2017年


ということで、次は2020年ですかね?

次回作も楽しみにしています!

この記事を読んだ方へのオススメ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村