FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインのブログです。ごゆるりとどうぞ。

【東野圭吾】映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の紹介&感想を好き勝手に語る

どうも、FGです。

2017年9月23日から公開されている映画、東野圭吾原作の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を観てきたので、紹介と感想を語っていく。


原作の紹介はコチラ

紹介

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』とは

2012年3月に単行本が発売された東野圭吾の作品である。

「悩み相談、未来を知っている私にお任せください。」
「あの時の回答は、あなたを救いましたか?」
「東野圭吾史上、最も泣ける感動作」
などをキャッチコピーに2017年現在で全世界累計部数が1000万部を突破した人気作品である。


あらすじ

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されてのか?
3人は戸惑いながらも当時の店主・波矢雄治に代わって返事を書くが・・・。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

(引用:ナミヤ雑貨店の奇蹟 裏表紙/東野圭吾)



感想(ネタバレなし)

映画は原作にほぼほぼ忠実であったと思う。もちろん時間の都合でカットしている部分はあるし、若干のオリジナルストーリーはあった。


しかし、原作大好きな私としても許せる範囲だったし、むしろいいスパイスだったと思う。


物語の中盤にミュージシャンの話があるのだが、その場面では涙が止まらなかった。


ひとつ気になった点としては、時系列が少し分かりにくいかもしれない。私は原作を知っていたので問題なかったが、そうでない方は注意しながら見たほうがいいかもしれない。


東野圭吾ファンはもちろん、そうでない方にもオススメの一作であると思う。


※以下ネタバレありの感想











この『ナミヤ雑貨店の奇蹟』だが、実は私が東野圭吾の作品の中で一番好きな作品である。


普段、映画はあんまり見ないのだが『ナミヤ雑貨店の奇蹟』はあまりの見たさに、初めて一人で映画館に足をのばした。一人映画もいいものですね。



さて、一言で感想を言うなら『大満足』だった。

語りだしたらきりがないので、個人的に良かった点と残念だった点を一つずつ、あげようと思う。



原作で一番心に残っているのが、魚屋ミュージシャンの『再生(REBORN)』の話。原作では思わず涙してしまったシーン。


映画で見ても涙がとまらんかったわ。むしろ映画のほうが泣いた。


何が一番良かったかって、『再生』の歌が聴けたことですね。どうしても小説で歌は聴けませんからね。


原作を読んでいるときも『再生』ってどんなメロディーで、どんな詞がついているんだろう?ってずっと考えていたんですよ。


物語の中でセリ役、門脇麦さんの歌声を聴けて本当に良かった。一言ひとこと、魂が込められているような歌声、そして涙声に心が揺さぶられました。






逆に個人的に少し残念...というよりは見たかったシーンがあったんですけど、原作のラストでナミヤのじいさんのひ孫が活躍するシーン。(原作ネタバレになるので詳しくは省きます)
それがあれば私的には、もう何も言うことなしでした。



まとめ

最後に声を大にして言いたいのは、「映画を観て満足のいくものだったなら、是非原作を読んでもらいたい」ということ。


原作にはない映画の良いところがあるように、映画にはない原作の良さがそれ以上にあるのが、この『ナミヤ雑貨店の奇蹟』だと思う。

この記事を読んだ方へのオススメ



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村