FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインのブログです。ごゆるりとどうぞ。

【小説】『ダ・ヴィンチ・コード』の感想を好き勝手に語る【ダン・ブラウン】


f:id:furikake-gohan:20180412065550j:plain

汝が聖杯を見つけるのではなく、聖杯が汝を見いだすのである。

(引用:ダ・ヴィンチ・コード〈下〉P57/ダン・ブラウン)


『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第二作目、シリーズの名称にもなった『ダ・ヴィンチ・コード』の感想を語っていく。


シリーズ一作目は『天使と悪魔』だが何故、二作目である『ダ・ヴィンチ・コード』がシリーズの名称となっているのか?


それが納得できるほどの濃密な作品で面白いの一言に尽きる。


以下ネタバレありで感想を語っていくので未読の方はご注意を。




感想

実は『ダ・ヴィンチ・コード』を読んだのはこれで3度目になる。とはいえ以前読んだのがだいぶ昔だったのと、内容を理解しきっていなかったので新鮮な気持ちで読むことができた。


今回は『ダ・ヴィンチ・コード』を読む前にシリーズの一作目と三作目『天使と悪魔』と『インフェルノ』を直近で読んでいた。


予備知識を多少ついていたおかげか3回目の再読とは思えないほど熱中して読み進めることができた。


やはりシリーズ系統のものは忘れないうちに一気に読むに限る。


第一作『天使と悪魔』と比較するとアクションシーンは少なめで、その分を濃密な暗号につぎ込んでいる印象。

表紙

私が読んだのは単行本なのですが、インパクトがある『モナリザ』でシンプルに飾られている。


『モナリザ』に目がいってしまうが、作中に登場する暗号も書かれている。

暗号

史実を絡めた暗号がシリーズを通しての特徴である。しかし『ダ・ヴィンチ・コード』では史実に加え、数学的要素なども絡めれている。


閃き次第では読者も暗号を解けるというのはロマンがあっていい。


表紙に載っている暗号も鏡文字で閃きさえあれば読者も気付くことができる。まぁ私はまったく分からなかったが...。


序盤に登場するフィボナッチ数列とアナグラム(文の中の文字を入れ替えて、別の意味にする)の暗号

f:id:furikake-gohan:20180415155911j:plain
(出典:ダ・ヴィンチ・コード〈上〉P61/ダン・ブラウン)

これを見て一気に興味をひかれた。シンプルかつ完成度が高く、暗号に含まれた多義性も見事。


しかし、これを超えていったのが白と黒のクリプテックスによる暗号。


もうこれに至っては、読者が読み解くのはまず不可能。暗号解読官のソフィー、象徴学者のラングドン、宗教学者のティーピングの三人だからこそ解ける暗号。


その暗号解読の過程をたどっていくのが楽しすぎる。鳥肌ものである。


雑学

物語の本筋とは別にして、ラングドンが語る雑学も印象に残っているものが多い。例をあげれば「黄金比について」や「13日の金曜日が不吉である由来」などである。


この情報の多彩さも『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの魅力の一つだと思う。


是非ともラングドン教授の授業を受けてみたいと思ってしまう。私自身、英語ができないという点で致命的だが。



黒幕

今回も見事に騙された。誘拐までもが計算のうちだとは思いもせず...。まぁ確かに執事であるレミーが主であるティーピングに気づかれることなく隠し部屋を作ったり、盗聴機器を揃えたりするのも無理な話。


冷静に考えれば分かることだが、読んでる最中にはまったく気づかなかったので、正体が明らかになったとにはラングドンたちと同じように驚きを隠せなかった。

ラスト

「やられた!!」
と思わずにはいられない。うまくまとまりすぎてて溜め息がでる。


個人的にルーヴル美術館の登場が最初だけでなんだか物足りない感はあったのだが、最後にもってくるとは...!!ルーヴルに始まりルーヴルに終わる見事な物語だった。




関連記事