FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインのブログです。ごゆるりとどうぞ。

【29作品】2018年上半期で読んだ小説を5段階で評価する【一言感想】

2018年も早いもので半分が終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?


今回は私が2018年上半期(1~6月)に読んだ小説29作品を5段階評価好き勝手にレビューしていきます。また再読を含んでいます。


f:id:furikake-gohan:20180701214741j:plain






夜の写本師/乾石智子
☆☆☆☆
ダークな部分が印象的。綿密に作りこまれたファンタジー。


星を継ぐもの/J・P・ホーガン
☆☆☆☆☆
SF用語満載で若干読みにくかった...が、それを超えるくらい文句なく面白い。


私的私的ジャック/森博嗣
☆☆☆
著者の同シリーズ『すべてがFになる』とつい比べてしまい、若干物足りなさがある。


封印再度/森博嗣
☆☆☆
同上


眼球堂の殺人/周木律
☆☆☆
舞台が常識にとらわれていないクローズドサークル。最後は騙された。


図書館の魔女/高田大介
☆☆☆☆☆☆
(再読)
言うことは何もない。最高。


図書館の魔女─烏の伝言─/高田大介
(再読)
☆☆☆☆☆
同上


冷たい校舎の時は止まる/辻村深月
☆☆☆☆
著者と同名の登場人物が出てくるって珍しいですよね?


黒猫の小夜曲/知念実希人
☆☆☆
可愛らしい死神の心暖まるストーリー。


アルテミス/アンディー・ウィアー
☆☆☆
ぶっ飛び月面ミッション。ノリと勢いが○。


インフェルノ/ダン・ブラウン
☆☆☆☆
地獄という救済。


天使と悪魔/ダン・ブラウン
☆☆☆☆☆
ノーロープバンジー。


ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン
(再読)
☆☆☆☆☆
ラングドン教授の講義を聴きたい。


ロスト・シンボル/ダン・ブラウン
☆☆☆☆
″混沌から秩序″
魔法の方程式って初めて知った。


オリジン/ダン・ブラウン
☆☆☆☆
人類の行く末に戦慄せよ。


R帝国/中村文則
☆☆
私には合わなかった。


ルパンの娘/横関大
☆☆☆
泥棒一家の娘×警察一家の息子の設定が面白い。ラストも爽快。


虚ろな十字架/東野圭吾
☆☆☆
死刑とは無力である。


眠りの森/東野圭吾
☆☆
バレエ世界の裏側を見た。


人魚の眠る家/東野圭吾
☆☆☆
壊れてでも守らなければならないものがある。途中で目を背けたくなる。


危険なビーナス/東野圭吾
☆☆☆
不倫ものかと思いきや東野圭吾らしい理系チック。素数ってロマン。


魔力の胎動/東野圭吾
☆☆☆☆
『ラプラスの魔女』が好きな方は是非。


嘘をもういちどだけ/東野圭吾
☆☆
短編って苦手かも。


祈りの幕が降りる時/東野圭吾
☆☆☆☆
涙腺崩壊。バスタオルをください。


盤上の向日葵/柚月裕子
☆☆☆☆☆
上半期ベスト3に間違いなく入る。
東名の生きざま、私は好き。


真夜中乙女戦争/F
☆☆☆☆
一言ひとことがぶっ刺さる。
好きな言い回しとかあるとメモしながら読むのだが、メモしたいことがありすぎて途中で諦めた。


箱庭図書館/乙一
☆☆☆
端々が繋がってる短編集。雪で繋がるパラレルワールド『ホワイト・ステップ』が抜群に面白かった。


獣の奏者/上橋菜穂子
☆☆☆☆☆
上半期ナンバー1。
好きすぎて感想が書けない現象が起きてる。


獣の奏者─外伝─/上橋菜穂子
☆☆☆☆
イアルの不器用な優しさが好き。


おわりに

半年で29作品。冊数にして46冊読むことができましたー。今まで年間100冊いったことないのですが、ちょっとペースを上げれば100冊いきそうですね。


古本屋めぐりが好きすぎて、安いことをいいことに積み本が増え続けている昨今ですが、一段落したら再読もしたいな、と。


筆頭は『獣の奏者』
次点で『オリジン』

ダン・ブラウンの作品は内容が濃すぎて一回じゃ足らないですね。


関連記事