FGかふぇ

読書やらカフェ巡りが趣味。読んだ本、行ったカフェの紹介がメインのブログです。ごゆるりとどうぞ。

『魔法の色を知っているか?』の感想と考察を好き勝手に語る【森博嗣】

f:id:furikake-gohan:20201214201432j:plain

ガリレィ、ニュートン、アインシュタイン、そしてマガタなのだよ」
「ええ、よく、わかります。我々研究者ならば、彼女は宗教的な存在です」

(引用:魔法の色を知っているか? P156)

森博嗣のWシリーズ第2作『魔法の色を知っているか?』の感想を語っていく。ネタバレありなのでご注意を。シリーズ1作目の感想はコチラ。

【『彼女は一人で歩くのか?』の感想】


目次

感想

Wシリーズ2作目の『魔法の色を知っているか?』を読み終わって、ストーリーには関係ないが率直な感想は”他の森博嗣作品に比べて読みやすい”という点(S&MやVと比べて)。


これは『彼女は一人で歩くのか?』でも思ってたことだけど、2作目を読んで確信に変わった。もちろんS&MやVも好きだけど、どうしても読むのにエネルギーがいる。それはミステリかSFかの違いもあるし、ページ数の差も大きいかもしれない。


とにかく森博嗣作品なのにサクサクよめるのが個人的には新鮮である。このWシリーズ今のところすごい好きだし、今後もどんどん読んでいきたい。

──ストーリー自体の進展はあまりないが……

ラストこそ気になる展開で終わったものの、正直まだ『物語が大きく動いた!!』って感じはしなかった。ハギリを狙う具体的な相手はわからないし、明確な目的もまだ不明瞭。


しかし、前作でハギリを救った『魔法』の存在も少し明らかになってきたし、そしてなにより期待を裏切らない再びのマガタ博士との邂逅。


マガタ博士が関連する場面なんてほんの数ページなんだけど、そこのページだけものすごい密度を感じる。


先程述べたようにこのWシリーズが好きな理由はサクサク読めるのもあるけど、第一の理由はマガタ博士が出てくるからだよね。彼女の絶対的すぎる存在とミステリアス感が好きすぎる。

「今の人は知らないだろうが、かつて、世紀の天才と言われた女性がいた。その彼女が、基礎となるプログラムをかいたんだ」
「マガタ博士のことですね?」
《中略》
「あらゆる分野に入り込んでいる。そのスーパ・サーバの主幹部分も彼女のプログラムを基礎にしている。それから、ウォーカロンの頭脳を形成するイントーラにもね」

(引用:魔法の色を知っているか? P138)

基礎は変わっていない……四季は本物の天才なんだよなぁ……200年たってもトップであり続けている。四季が関係すると途端に物語が濃くなる。



マガタがなんのためにハギリやヴォッシュにアドバイスを与えているのかを考えると、物語上でも言ってる場面があったが、「人類を導いて、軌道修正させるためだろう」ってあってもう納得しかなかった。


──『魔法の色を知っているか?』

タイトルの時点で分かってはいたけど、また『魔法』についてでてきた。魔法とはプログラムの一種…安全装置のようなものかもしれない、と。ここまでは前回の展開から読めていた点。


今回の展開から考えると、
①ウォーカロンに『魔法の色を知っているか?』と呼びかけるとウォーカロンに仕込まれた安全装置のようなプログラムが起動する。


②次に、呼びかけられたウォーカロンから返答があり、さらに追加の言葉(魔法)を言う機会が与えられる。


③正しい魔法を答えるとウォーカロンは停止する。何回か答えを間違えると安全装置が解除されてウォーカロンは自由になる。


またウォーカロンの個体(種類?)によって効く魔法が異なる様子。今回は紫、前回は赤。


だがしかし、ウォーカロンに「魔法の色を知っているか?」と呼びかけるだけで安全装置が起動してしまうなら、それだけで、人かウォーカロンか見分けることができるようになってしまうわけだが……。そのへんはどうなのだろうか。まだ明かされていない法則などはありそうなものだ。

──印象に残ったセリフなど

子供が生まれないかわりに、死ぬ者は限界まで少なくなっているのだ。
そして、まさにその技術に不可欠な人工細胞が、あらゆる疾患を排除したように、生殖をも排除してしまった。生殖は、人類にとって一種の疾患だったと言っても良い。
死ぬことがなければ、生まれなくても良いのか。
あるいは、生まれないから、死ねないのか。

(引用:魔法の色を知っているか? P35)


「はい、つまり、虎が猿を襲う間に、逃げられるという意味です」
「まあ、猿と人間で、どちらが虎のご馳走か、という問題もありそうですけどね」そう言って、僕は自分のジョークに軽く笑ったのだが、三人は笑わなかった。

(引用:魔法の色を知っているか? P100)

ハギリの冗談に犀川みを感じる。

この頃は、生きているのがどうも実感がないね。不思議でならない」
「不思議なのは、生きているからではないでしょうか」
「そうだ。それは、ああ、なかなか示唆に富んでいる」

(引用:魔法の色を知っているか? P134)

最後に

また今作も気になりすぎる終わり方だった。今後が楽しみ。
このあとのWシリーズのタイトルは
『風は青海を渡るのか?』
『デボラ、眠っているのか?』
と続いているわけだが……。

デボラってFにでてくる”アレ”だよな……?どう繋がってくるかわくわくする。


【オススメ】